スパルタだった訓練

おとーさんと訓練
おとーさんと、「歩け」「待て」「座れ」の練習を繰り返すボク。
我ながら、賢そうな顔。ぶふふふ(照) それにまだ小さかった・・・
水戸の偕楽園近くの公園での、仲間との合同訓練です。2007年11月撮影

奥の方に大きなわん友が見えるでしょ?体重は40キロって言ってたかな。
種類は・・・う~んと、わかんない。ジェイくんっていう子だったんだ。なつかしいなぁ。


ボクは生後6ヶ月の時から1年間、訓練士さんからスパルタ教育を受けました。
訓練士の先生は、おかーさんよりずっと小柄で細身で、ハキハキとした女の先生でした。

訓練は最初の1ヶ月は週3回で、その後は週2回、先生がボクのうちに来てくれました。
時々、他の訓練仲間との合同訓練あり。

おかーさんは「健斗の訓練と言うより、おかーさんの訓練だったよね」と今も言います。
つらく苦しいものだったようです。←他人事のボク

いつも、おかーさんが訓練されてたから、写真はおとーさんが一緒に参加したときの、
これ1枚しかありません。それにしても、たった1枚!
なんでもっと撮らなかったのか、今もおかーさんは悔やんでいます。

それどころじゃなかったんだよねー。ハラハラ、オロオロ、ただうろちょろしてたもんね。

訓練のことは、時々思い出しながら書いていきます。また今度ね。


そして今のボク。
すっかり甘えん坊になりました。そしてでっかくもなったよ。
べたべた~
おかーさんがどこにいても、ボクはすぐにべったりくっつくんだよ~。

昨夜のボク。
ぐっすり
ボクが寝言で苦しんでるような声を出したから、おかーさんは起きちゃったみたい。
で、ついでに写真を撮ったんだって。


ボク、ランキングに参加しています。「健斗、かわいい、良い子になったね」(母)
見た目だけはお利口そーなボクに、ポチッとお願いします。
     ↓
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

おとーさんのお弁当(今日はつま弁)
つまんないお弁当
おとーさん、メインのおかずがありません。なんとなくつまんないね。
で、つま弁 jumee☆faceA60
     

テーマ : 柴犬   ジャンル : ペット

リーダーウォークの練習

ボクは生後6ヶ月で去勢手術を受けました。
009_convert_20090510085841[1]
手術翌日のなさけないボク。

手術前、ガウガウになったボクは、エリザベスカラーを付けるための麻酔?をかけられました。
身体が麻痺する注射をされたんだ。
それでもスキあらば、と噛む気満々だったけどね。

「傷口消毒のたびに、本気で噛まれました だだ泣き 」(母)

そんなことがあったからかなぁ。
警察犬も訓練した経験を持つ先生を、獣医さんが紹介してくれました。
訓練はおかーさん的にはとても苦しかったけれど、今も心から感謝していると言います。

怒れるボク
超不機嫌なボク。こんなエリ巻き状態のときに訓練開始。
一人目の訓練士さんはハーネス装着でしたが、新しい先生はチェーンカラーと皮のリードを使うと言いました。

まず近所の公園にて、リーダーウォークの練習。
ボクは、一人目の訓練士さんのときと同じように、ギャンギャン吠えまくり暴れまくりました。
周りの家の人は虐待だと思ったに違いありません。
それが1時間!
でも先生は絶対に負けませんでした。

やっと落ち着いたボクは、先生と、おかーさんと一緒に散歩。
1回の訓練は50分の予定でしたが、その日は90分。
「先生、ありがとうございました jumee☆thanks2 」(母)

で、初日におかーさんが習ったのは、リードの持ち方。
左手で、順手。親指は下に向けて。
短く持つ。長さの目安は、ボクを立たせ、おかーさんが腕を垂直に下ろした状態で、
少しゆるみがある程度。
リードの持ち方
これはこの前の日曜日のボク。今はもうちゃんとできま~す。

「散歩の時は、自分の犬だけを見て、神経を左手に集中させる。
腕はいつも垂直に下ろしておく。腕を前に出してはいけない。
ゆっくり歩かせる。マーキングはさせない。においをかがせない。
急に止まったり、座らせたり、方向転換したり、こちらの言うことをしっかりやらせる。」(先生)

「そして、先に行ってしまってリードが突っ張ったときは、ショックをかける。」(先生)

その『ショック』がおかーさんの技です。
一瞬強く引っ張ることで、ボクの意識をおかーさんに戻すんです。
そうすると、ボクは魔法にかけられたように良い子のボクに戻ります。

『ショック』は、かけるタイミングの的確さと、すばやさが求められます。
ボクは痛くはないんだけど、ハッとしてキャンッと鳴きます。
そのショックがおかーさんにはできなくて、できなくて、できなくて。

「遅い!」「チェーンの音をさせない!」「また遅い!」「ここでショック!遅い!」
「腕を前に出さない!」「フラフラ歩かせない!」「引っ張らせない!」(先生)

その他、たくさんお叱りを受けたよね、おかーさん。
先生と世間話をしながら散歩すると、気持ちがボクのリードから離れちゃって、
また叱られるんだ。それの繰り返しだったよね~。

007_convert_20090510095432[1] 008_convert_20090510095512[1]
日曜日のボク。おかーさんと散歩する後ろ姿をおとーさんが撮ってくれました。
あ、おかーさんは自分の後ろ姿にショックを受けているようです jumee☆faceA60

少し考えましょう
もうちょっと散歩を長くしますか?一緒にダイエットしましょ。


ボク、ランキングに参加しています。「散歩こそが、最良の訓練なんですよ」(先生)
今はとっても良い子のボクに、ポチッとしてね。
     ↓
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

おまけ
今日のおとーさんのお弁当は、オニ弁です!
オニ弁 油揚げの中は、五目ご飯の具です。
「気になるおにぎりの具は!」(母)
って気にならないってば^^;
おにぎりの具
ま、いちおー書いておくね。おかかネギ・鮭ほぐし身・お肉です♪

テーマ : 柴犬   ジャンル : ペット

母と子の毎日の儀式

おはよーございます。健斗です。
まだでしょうか
そろそろ、お散歩の時間のような気がしますが・・・。玄関で、外を見つめるボク。

でも、絶対に求めては行けません。
求めれば、それは、さらに遠ざかるのです。

静かに待てば、やがて海路の日和あり。

まず、野良から飼い犬になります。
カラーをつけてください 次はチェーンカラー
迷子札付きの、カラーをつけてもらう。    次に、チェーンカラーと革のリード。

さすがに自分から顔は突っ込みませんが、付けてもらうのをただ待ちます。

8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-14:CandyBlue(色付-暗い背景用)母より先にぃ、出てはいけない~。←さだまさし関白宣言風
待ちます
おかーさんが先に玄関を出て、ボクは「よし」と言われてから、ゆっくり出る。
けっして走り出そうなどとはしてはいけません。中に逆戻りですから。

そしてお散歩から帰宅。
まず、玄関ドア前で待つ。8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-11:Green(色付-暗い背景用)母より先に入ってもいけない~。
帰りも同じです
おかーさんが中に入ってボクの方を見、「よし」と言ったら入る。けっして室内に走り込もうなどとはしてはいけません。ショックをかけられます。(『ショック』はまたいつか話します)


足を拭いてもらい、カラーをはずしてもらうのを待ちます。
ここでも待ちます

こんなことを、1日2回も律儀にくり返すボクとおかーさんです。


ボク、ランキングに参加しています。 「ま、儀式ですから。いつかはもっと簡素化しましょう。」(母)
良い子でいるのは、けっこうせつなくて、けっこうしんどい。こんなボクにポチッとしてください。
     ↓
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

訓練士のT先生、ボク、ちゃんと実行しています。おかーさんも。
訓練の成果、どうですか?


テーマ : 柴犬   ジャンル : ペット

最新記事
About 健斗

健斗の母

Author:健斗の母
2006年10月27日東洋の館という犬舎で生まれたボク。前十字靱帯断裂のケガを乗り越え、元気になりました。

ボクは、茨城県ひたちなか市在住です。論理的で何事にも慎重なおとーさんと、気は小さいくせに突拍子もないことをするおかーさんとの、楽しい三人暮らしだよ。

人見知りで引っ込み思案、ヘタレでビビりのボクだけど、怖さがピークに達すると、デビルに変身。両親の左手には、消えない傷が・・・
こんなボクの、変化に乏しいお気楽生活の記録です。

About 悟郎
About 悠斗(はると)

ボク、ハルトでちゅ。
2015年10月8日生まれでちゅ。
健にいちゃんと仲良く、元気に大きくなりまちゅ。
よろちくでちゅ。

M字倶楽部♪
入会しました!
健斗会員証
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード