FC2ブログ

命の期限

本日2度目の更新です。今回は、文字ばっかりの記事です。
読みづらかったら、ごめんなさい
おかえり
お出かけから戻ったおかーさんを、お出迎え。
「出迎えてくれてないと思うんだけど 」(母)


おかーさんは、おかーさんと同期で仲良しだった先生に、お線香をあげに出かけたんだ。

おかーさんの同期だった先生は、5年前に亡くなり、お葬式に参列して以来です。

で、同期で仲良しだった先生の旦那さんは、おかーさんの元同僚。
教員の世界は、とっても狭いのだ。

ボクにご褒美は?
で、ボクに話してくれたのは、仲良しの先生は、早期退職後わずか半年、自由な時間を過ごしただけで、病気が見つかり、1年後には亡くなったということ。
仲良しの先生が亡くなった年、同じ病気が見つかり、おかーさんは良性だったけれど、即、退職を決めたことも、納得できますよね。

「当たり前のことですが、命には期限があるのだなぁって、本当の意味で理解した気がしたのです」(母)

そして、元同僚の先生も退職し、この業界(茨城の高校教育界)よりも、やりがいのあると思える場所に、旅立つことが決まったそうです。
中国の大学で、日本語を教えるため、8月には日本を離れるんだって。
元同僚の先生は、とっても実力のある先生だったんだって。

「世界が広がりましたね、と言うと、本当にそうなんだ!と明るい顔で即答してくれました」(母)


おかーさんは、ボクと暮らして、世界が変わったと言います。
毎度おなじみ、散歩拒否

元同僚は、「○○○さん(おかーさん)もやってみれば?」、なんて言ったそうだけれど、
そんな簡単なことじゃないしね、おかーさん
「ちっちゃい変化かもしれませんが、私には今、この生活が楽しくてたまりません」(母)


毎年恒例の、ボクのカイカイを心配したり、
まだ始まったばかりのカイカイ

ボクの必死の『ちょうだい』を、からかってみたり、
ボクにもどうか一口

おとーさんに甘えるボクにやきもちを焼いたり、
おとーさ~ん♪

「いったいいつなのかはわからないけれど、命の期限が来る日まで、お互い精一杯生きようね」(母)

「おかーさんの方が、絶対長生きして、キミが虹の橋を渡る日が来るまで、大事に大事にするからね」(母)

そんなこんなを考えてた、今日のおかーさんでした。
文章ばかりの、長い記事にお付き合いくださりありがとうございます。


テーマ : 柴犬   ジャンル : ペット

最新記事
About 健斗

健斗の母

Author:健斗の母
2006年10月27日東洋の館という犬舎で生まれたボク。前十字靱帯断裂のケガを乗り越え、元気になりました。

ボクは、茨城県ひたちなか市在住です。論理的で何事にも慎重なおとーさんと、気は小さいくせに突拍子もないことをするおかーさんとの、楽しい三人暮らしだよ。

人見知りで引っ込み思案、ヘタレでビビりのボクだけど、怖さがピークに達すると、デビルに変身。両親の左手には、消えない傷が・・・
こんなボクの、変化に乏しいお気楽生活の記録です。

About 悟郎
About 悠斗(はると)

ボク、ハルトでちゅ。
2015年10月8日生まれでちゅ。
健にいちゃんと仲良く、元気に大きくなりまちゅ。
よろちくでちゅ。

M字倶楽部♪
入会しました!
健斗会員証
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード