震災5日目

こんにちは!余震の続くボクんち地方から、久々の更新です。

みなさん、ご心配いただきありがとうございます。
それに、身に余る申し出をたくさんいただき、恐縮しています。
今のところ、ご近所さんや両親の友人たちと支え合って、がんばっています。

何から報告したらいいんだろう・・・
まだまだ全然何をどうすべきなのか、わからないんだけど、
もっと大きな被害を受けた人たちのことを思うと、
へこたれていられない!って、思うんだ。

でも、おかーさんも、ちょい疲れてしまったようで、
今日はなんだか動けないでいます。
「水汲みに行かなくちゃならないんだけどねぇ 」(母)

震度6強の地震があったとき、ボクとおかーさんは家にいました。
おかーさんは花粉症がひどくて、ボケボケしてたし、ボクは寝てたんだよ。

大きな横揺れが長い時間続き、家の中のモノは何もかも倒れました。
ボクのベッドを、飾ってあった版画が直撃。
しばらく怖くてベッドに入れませんでした。腰が抜けたボク。
ブルブル震えてます

でもリビングは被害が少なく、中央に空間があって、ボクとおかーさんは、その後の暗い夜もそこで過ごすことができたんだ。
リビングの一部

おかーさんにしがみついているボクです。
[広告] VPS

リビングのテレビは倒れませんでしたが、2階の寝室のテレビは倒れていました。
「2階はとんでもないことになってて、どの部屋も足の踏み場がありませんでした」(母)
おかーさんの勉強部屋の惨状。

「キッチン・寝室・2階の踊り場・和室は、あまりにひどくて写真を撮る気力が出ませんでした。」(母)

それと、あとからわかったことだけど、
サッシの鍵は引きちぎられ、窓という窓は勝手に開いてしまいました。
横揺れのせいです。障子が破れてしまったのもびっくりしました。
鍵が取れたサッシ
「健斗は、パニックになって外に飛び出そうとしましたから、もしも私が留守だったら、彼は野良犬になっていたかも。」(母)
前日に、ラン子ちゃんのママさんがくれた革の迷子札が壊れちゃって、ボク、丸裸だったからね。帰って来られなくなってたと思うんだ。


震度4程度の大きな余震がある中、散乱した割れた食器や、落ちたオーブンレンジ・トースター・炊飯器の下から、なんとかかんとか、おかーさんはボクのフードを取り出しました。
お水もポットにあったから、とりあえずボクは大丈夫。
ボクのご飯を確保
「キッチンは本当にすごい状態だったんですよぉ 」(母)
この時から停電・断水が始まりました。
家の固定電話もつながらず、ほとんどつながらないケータイ電話がラッキーにも鳴って、おとーさんと連絡が取れ、おとーさんは職場に待機するため帰宅できないとわかりました。
おかーさんはその夜はビールだけ飲んでた
「ビールを取ろうと冷蔵庫を開けたら、中のモノが襲いかかってきました。冷蔵庫の中も散乱。それに暗い冷蔵庫って凹むぅ 」(母)


そんなボクたちの、恐くて暗い最初の夜を救ったのが、緊急避難袋の中のこれ。
ありがとう、ラジオくん
ケータイの充電も出来る、手巻き充電式のラジオです。
これで、市内放送の他の情報も手に入れることができました。
何度も何度も充電しながら、茨城放送を聞き続けました。
「ラジオの必要性をとことん感じました。」(母)

他に緊急避難袋の中で役に立ったのが、もちろん懐中電灯。
大きめの1つと小さいのが2つあって、ろうそくしかないおばーちゃんに貸せました。
ろうそくは、火災につながるので使わない方がいいんだって。

あとね、除菌ウェットティッシュ。
「これは本当にありがたいと思いました。これに除菌アルコールスプレーがあって相当助かりましたよ。」(母)
お風呂にお水を張っておいたのも、トイレを流すのに使えてよかったみたい。
でも翌日から、飲み水難民になるなんて、思ってもいなかったよね、おかーさん。


あ、今、市内放送でボクんちのあるひたちなか市は、計画停電は回避されるって。
「まだ市内8千戸くらい停電してるのに、計画停電になったらひどいよぉ」(母)

ボクんち地区の貯水場が、大きなダメージを受けてしまい、断水はまだまだ復旧しないようです。
「洗濯したいよぉ。お風呂に入りたいよぉ 」(母)

でも、命がある!
瓦が落ちちゃったけれど、家もある!(今夜の雨は怖いけれど)
ビビリのボクも、余震のたびにおかーさんに抱きつける!
避難所生活だったら、ボクはおかーさんと引き離されちゃうもんねぇ。


そして、たろーくんのお母さん!いち早くメールをくださり、安否を確認していただき、心よりお礼申し上げます。毎日のメールもどんなに力をいただいたことか。
たくさんたくさんメールをいただいたので、お名前をあげきれませんが、コメントをくださったみなさま、メールをくださったみなさまへ、心からの感謝をこめて、報告いたします。

たった今も大きな余震があり、震える健斗を抱きしめるため、更新ボタンを押します。
ではまた、近いうちに更新できることを願っています。

テーマ : 柴犬   ジャンル : ペット

最新記事
About 健斗

健斗の母

Author:健斗の母
2006年10月27日東洋の館という犬舎で生まれたボク。前十字靱帯断裂のケガを乗り越え、元気になりました。

ボクは、茨城県ひたちなか市在住です。論理的で何事にも慎重なおとーさんと、気は小さいくせに突拍子もないことをするおかーさんとの、楽しい三人暮らしだよ。

人見知りで引っ込み思案、ヘタレでビビりのボクだけど、怖さがピークに達すると、デビルに変身。両親の左手には、消えない傷が・・・
こんなボクの、変化に乏しいお気楽生活の記録です。

About 悟郎
About 悠斗(はると)

ボク、ハルトでちゅ。
2015年10月8日生まれでちゅ。
健にいちゃんと仲良く、元気に大きくなりまちゅ。
よろちくでちゅ。

M字倶楽部♪
入会しました!
健斗会員証
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード