おやつ兄弟と祈り。

こんにちは~。朝から小雨が降ったりやんだりの、寒いボクんち地方です。
昨日は風が冷たかったけれど、日差しはたっぷりありました。
昨日の夕方散歩のゴロー兄さんです。母上、おやつじゃな
「ゴロちゃん、近すぎ!うふ、おやつあげるよ~ 」(母)

もう毎日おやつネタばっかりですねぇ。
これは今朝のボク。降り出した雨をものともせずOPへ。
ボクの散歩の楽しみですから!

ひとつもらえば、納得する単純なボクです。
おやつっていいよね~

さて、帰ろう、おかーさん!
目的は終了した!
「えっと~、健斗さん、お仕事お済みじゃないないんですけどぉ」(母)
このあと少し歩いて、ちゃんとお仕事しましたよん

そうそう、若干小顔になったゴロー兄さんは、昨日、通りすがりのおじさんに「いい柴だね~」と言われました。
わしは柴じゃ
それはうれしいんだけれど、おかーさんはゴロー兄さんが柴系MIXだったらいいのになぁって思ってるらしい。長生きできるからって。
「悟郎、どうかどうか少しでも長くここで暮らしてほしいよ・・・」(母)

今朝会ったムクちゃん18歳にあやかりたいと願うおかーさんです。
ムクちゃん、元気にお散歩してました
目も見えなくて、お耳も聞こえなくなっちゃったムクちゃんですが、ご両親に愛されてます。そして匂いでゴロー兄さんを確認してくれました。
「悟郎とムクちゃんは、散歩で会うたび、お鼻をくっつけ合ってあいさつするんですよ 」(母)
ムクちゃん、どうか元気で長生きしてね・・・

追悼 ボクのブログを応援してくれるセロリさんが虹の橋を渡りました。
元放浪犬の柴っ子セロリさん、ママさんに見守られておうちで最期を迎えられたこと、絶対幸せだよ。
痛かったこと、つらかったことから解放されたね。
セロリさん、ご両親とお姉ちゃん、そしてボクとゴロー兄さんのことをお空から見守ってね。
セロリさんのご冥福を祈っています。
ママさんのセロりんさん、いつかボクたち兄弟に会いに来てね。

テーマ : 柴犬   ジャンル : ペット

Michy

昨日のお返事へのお返事。
ゴロちゃんは絶対見えているよ!
写真からもわかる。見えない犬の動きはやっぱり違うよ。
耳や鼻でだいたいわかるとはいえ、見えているコの自然な動きとは違う。
ゴロちゃんはちゃんと見えています!
そして「ミックスだったら長生きできるのに…」というお母さんの切ない
気持ちを読んで泣けました。
決して若くないゴロちゃんを暖かく、優しく迎え入れてくれて、あらためて
ありがとう!
ゴロちゃんはどんなにか幸せに思っているか…
シェルターでは多くのボランティアさんがどのコにも愛情を注いでいるけど、
やっぱり家庭での愛情とは雲泥の差。
お散歩がたっぷり出来ること。お水がいつもちゃんとあること。
ごはんが時間通りに食べられること。
そしていつも優しい声をかけてもらえること。
本当に、本当に幸せだって思っているはず。
セロリさんのこと、残念でしたね。
でも、健ゴロの母さんがおっしゃるように、後半の人生が暖かい家庭で過ごせた
ことは幸せ以外の何ものでもないよね。
感謝の気持ちをもって旅立ったと思う。
セロリさんのご冥福を祈ります。

「守れ!既得権益!」に吹き出した。
ホント、犬って一度獲得した利益はとことん主張するよね〜(爆)。

No title

意外にもまだ曇り空のまま未だ雨が降りださずの我が地方。
夕方散歩もみつばち無しで行ってこれました♪
健ゴロ地方は朝から降っていたんだねぇ。

悟郎さん、「いい柴」って言われましたか。
こももも時々同じこと言われます。
「こりゃ、ええ柴やぁ~」って^^
そういう発言するのって大体おじさんですよねー。

当方へいただいたコメントを読んで、
「あれっ!? 花迎えの雨、って言わないのかな・・・?」
と思ってネットで調べてみたら、そんな慣用句は無いみたいです・・・。
えーっ、私の造語だったかぁ(汗)
お恥ずかしいです、大変失礼しました。


セロりんさんへ。
セロりんさんがこちらへ寄せるコメントを拝見していて
いつもセロリさんへの深い愛情を感じていました。
セロリさんのご冥福をお祈りいたします。

健ゴロ君のお母さん、こんにちは!そして、ありがとうございました。
今日の午前中 セロリを斎場へ近所のセロリを可愛いがってくれていた方々と運び 最後のお別れをしてきました。
セロリはもしかしたら16才になっていたかも?と、近所の方々の話から知りました。そうしたら、大往生だったのかな?
とってもきれいな男前の顔で笑顔のような表情でした。
いっぱい泣きましたが 健ゴロ母さんの言葉がセロリからのメッセージだと思いました。
いつまでもメソメソしていたらセロリが心配してしまいますね(^o^;) しっかり前を向いて歩いて行きます

それからMichyさん!ありがとうございます。実はMichyさんのブログも拝見させていただいております。2匹のワンズちゃんたちの大ファンです♡
実は、娘が住むのは横浜なんです。娘が生まれる前に横浜に住んでるいた事があるのですけれどなかなか湘南方面には行く事がありませんでした。Michyさんや健ゴロ母さんのブログで ukcjapanを知り、今度チャンスがあったらボランティアに行ってみよう!と、娘と話していたのです。 その時はどうかよろしくお願いします。
そして、セロリの事をお気遣いくださいまして本当にありがとうございましたm(__)m
そしてまた 健ゴロ母さんありがとうございました。明日、上京します。また機会があればお会いできる日がくればいいのですが(^o^)
しばらく娘のところにいますのでメッセージを書き込めないかも…
みなさんに温かい言葉をいただき本当にありがとうございましたm(__)m

No title

健ゴロ君のおかーさん、こんばんは!
こちらは 今日は一日雨、
満開が近くなった桜がかわいそうに思えるお天気でした。

セロリさん、こんなに急に旅立ってしまうなんて思ってもいなかったので
ほんとうにびっくりしてしまいました。
雪の中を元気にお散歩している様子を聞かせていただいていたのが
ついこの間のように思えるので
今でも信じられない気がしてしまいます。
↑セロリさん、16歳だったかも知れないんですね。
若いときはつらい思いをしたこともあったようだけど
セロりんさんに保護され 愛情いっぱいに育ててもらったから
その年齢まで長生き出来たんでしょうね。

セロりんさん、
わたしもセロリさんは 間違いなく 幸せわんこさんだったと思います。
セロりんさんと出会って 保護してもらったおかげで
愛情たっぷりの家族の中で過ごし
幸せな思い出をいっぱい抱いて 旅立っていったはずです。
悲しみの中でも そのことだけは忘れないで 誇りに思っていてね。

No title

健ゴロ君お母さんこんばんは!
今日明日はお稽古日でなかなか時間がとれず
今頃お邪魔しています。
花冷えの今日雨は早くに上がったのですが
気温は上がらず、この寒暖の差についていけません。
見事に咲き誇っていた桜もこの寒さで震えているはずですね!

人も動物もみんな元気で長生きが何より・・・
ただ病に倒れても最後の最期まで優しく介護して
下さる方に見守られて旅立つことができるワンちゃんは
幸せ!そうした飼い主さんばかりではないのも現実!

健ゴロ君ブログでお名前だけは存じ上げているセロりんさんの
お宅の保護犬のセロリさんが永遠の旅立ちされたと知り
ましたがご家族皆さまの深い愛情に包まれて虹の橋のたもとに
きっとお空の上からありがとうと言っているはずです。
人が想像するよりはるかにワンコは賢いですから・・・

心よりセロリさんのご冥福をお祈りしています。

健ゴロ母さん、ごめんなさい。またまたこの場所をお借りします。
こもしばさん、めぐままさん、あたたかいお言葉を本当にありがとうございます。
このような福井の小さな街に住むワンコを 健ゴロ母さんのブログを通してみなさんに知っていただき とても嬉しく思います。セロリという犬の生きた証になりました。
セロリも皆さんにこのように冥福を祈ってもらい「へへへ、照れるぜー」なーんて言っているかも♪
皆様、本当にありがとうございました。
そして、健ゴロ母さん、お邪魔しましたm(__)m

No title

こんばんは。お久しぶりになってしまいました。
頭では、ワンコの方が先に逝ってしまうって分かっているし、そうでないと残されたワンコが不幸になってしまうかもしれない。でも、我が子には絶対に長生きして欲しいですよね。18才のムクちゃん、まだまだ元気でいて下さい。
悟郎さんももちろん元気でいてね。健ゴロ家の幸せが倍増しますものね!

セロりんさんへ
こちらのブログのコメでセロリさんの事を知りました。
最期まで看病して看取ったセロりんさん、立派だと思います。今はまだ悲しみの方が大きくてお辛いと思いますが、セロリさんは、温かいご家族に巡り会えて絶対幸せだったと思います。
セロリさんのご冥福をお祈りいたします。

健ゴロ母さん、ごめんなさい。この場所またまたお借りします。
たろー母さん、ラッキー母さんあたたかいお言葉を本当にありがとうございます。とても嬉しく思います。セロリもみなさんの励ましのお言葉に「かーちゃん!しっかりしろ!」と、言っていると思います。
今から娘のところへ出掛けます。
健ゴロ母さん、土曜日の午後に水戸の実家に行くのですが 時間があれば「やばいケーキ屋さん」を覗いてみようかなぁなんて考えています。
本当に何度もこの場所をお借りしてしまいまして本当にごめんなさい、そして、ありがとうございました。m(__)m

No title

おはよぉ~健ゴロの母さん!
今日は昨日と打って変わって温かくなりそうな予報だねぇ。
悟郎兄さんもすっかりOPが楽しみになって。
食べるの食べないの~と騒いでいた頃が懐かしいぞ。
何!?柴は長生きしないのか!?よせや~い。
そんなことはないと思うよ。
あーくと一緒に長寿記録を狙うのだ!目指せご長寿犬だ!

↑いつもコメントで拝見していた明るいセロリんさん。
温かいコメントの数々に胸がじ~んとしました。
お別れは辛く悲しいけど、
皆さんが仰っている通り、セロリ家で幸せな犬生を全うしたと思います。
最後まで立派な家族の姿を読ませていただきました。
セロリさんはセロリんさんに会えて本当によかったね。

Michyさんへ

今日も悟郎の目をしげしげと覗き込んでしまいました。
うん、Michyさんが言うように、見えてるんだと思う。
見えているから、私の手がちょっと動いただけで、
ビクッとするんだよね。
見えててうれしいんだけれど、怖がられるのは悲しい。
絶対にぜーったいにぶたないのになぁ。トホホ

セロリさんの急逝(セロりんさんは1か月近く看病してたんだけど)で、
ちょっと悟郎の残り時間のことを考えちゃったのよ。
でもそんなことを考えてる時間こそがもったいないよね。
特になついてるわけでもなし、ビクビクするのは変わりなしだけど、
ただ痛いところもなくて、の~んびり寝たり起きたり、
そして朝夕大好きな散歩をたっぷりするってだけで、
ゴロちゃんが健斗家に来た意味があるよね?

最近はゴロちゃんも、既得権益の主張をするようになって、
そのこともとてもうれしいんだ~~~!^^

こもしばさんへ

昨日の午後散歩は、寒かったしぃ、本降りの雨の中でしたぁ(泣)。

そうそう、おじさんのセリフだよね、「なんていい柴だっぺ」あはは

「花迎えの雨」こもしばさんの造語なら、もっと素晴らしいじゃないですか!?
わ~、こもしばさん、すご~い!
私、国語の教員だったんだけど、専門は古典文学でね、
和歌は好きだけれど、俳句はちょっと苦手だったの。
だから季語の一つかなぁ?とか思っちゃいました^^;

こもしばさん、セロリさんとセロりんさんに、哀悼の言葉をありがとね。

セロりんさんへ

セロリさんの急逝に、本当に胸が痛みます。
でもセロりんさんは、1か月近くもセロリさんが痛かったりつらかったりするのを見てて、
そのことをこれっぽっちも感じさせない楽しいコメント、
セロりんさんの強さと明るさをつくづく感じました。
私、きっとへこたれる。そのときは励ましてくだされ。頼む!

セロリさん、16歳だったかもなのね?
元放浪犬の、去年の6月に虹の橋を渡ったりゅうくんも、16歳だったって。
うんうん!大往生だよね!

健ゴロブログを読んでくださるみなさんが、
セロリさんのご冥福を祈ってくれてると思うよ。
「虹の橋」の物語というか、その中にね、
飼い主さんが泣いてばかりだと、その子の上にだけ雨が降るっていうのがあったよ。
だからたくさん泣いたら、あとは笑顔で思い出してあげることが大切なんだよね。
って、私にできるのか??

セロりんさん、もしもこれを読んでたら、メールフォームからメールください。
または鍵コメでメアドを教えて~!
水戸まで帰省するなら、会いましょう!

そして娘さんとボラするときは、必ずMichyさんやmiw@っちに連絡しようぜ~。

めぐままさんへ

昨日は寒かったねぇ。
しかも昼間は、本降りの雨になっちゃいました。
悟郎は水たまりもなんのその、ジャブジャブ歩いていきますよ~。
健斗だったら、水たまりをよけるのに忙しいんだけどね。

セロリさんが、虹の橋を渡ってしまうほど良くない状態だったこと、
ちゃんとわかってなくて、ホント、急に逝ってしまったように思いました。
でも1か月近く、手厚い看護を受けて、最期まで愛情いっぱいもらって旅立ったと思う。
大切な愛犬が病気になってしまうのは、つらくて悲しいけれど、
その分、どんなに濃密な時間を過ごせることか、
そしてその時間こそが、その子亡きあとの自分を支えてくれると思うの。
うん、そう思いたいな・・・じゃなきゃ苦しすぎるよね・・・
16歳、とてもとても長生きしてくれたと思う、セロリさん。
セロリさんよかったよぉ、セロりんさんのおうちに来て。
めぐままさん、セロリさんとセロりんさんへの言葉をありがとね。

たろーくんのお母さんへ

昨日は寒い1日でしたね。
健ゴロ家地方の桜は、ますます縮こまってしまったようです。
でも今日は一気に春めいて、朝から気温は上昇してます。
今日こそ、桜は開くことでしょう^^

元気で長生きなら申し分ないですが、
そうもいかないのが、生きてる者たちの宿命ですよね。
セロリさんのように、手厚い看護を受けて旅立てた子は本当に幸せです。
若いうちからお散歩もしてもらえず、
自分の居住スペースに排泄しなくちゃならない子たちもたくさんいます。
健ゴロ散歩で、その子たちの前を通らなくちゃならないときは、
悲しくて悲しくて、そして飼い主への憤懣やるかたない気持ちになります。
そんな飼い主は、看護だってちゃんとしないはずですもの・・・

人が想像するよりわんこははるかに賢い、
たろくんお母さんのその言葉に、救われました。
愛は伝わってますよね、絶対に。

たろくんお母さん、セロリさんの冥福を祈ってくださって、
本当にありがとうございます。

ラッキー母さんへ

わんこを残して逝くことだけはしたくないって、
いつもいつも思っています。
「星守る犬」のハッピーのような最期にだけはさせたくないです。
ラッキー母さんは、明るく元気にラッキーちゃんの闘病を支え、
立派に最期を看取ってくださいました。
ラッキーちゃんのお母さん、私、必ず見習います!約束します!
そしてセロりんさんもまた、立派だったと思います。
ラッキーちゃんを見送った母さんだからこそ、
セロりんさんの気持ちが痛いほどおわかりになることでしょう。
セロリさんの急逝で、悟郎の残り時間を考えてしまい、
ちょっと凹んでいた私ですが、そんなことバカらしいですよね!
元気にお散歩してる姿に、水を差すようなこと考えちゃいかん!と思いました。
ラッキー母さん、セロりんさんへの言葉を、本当にありがとうございます。

miw@さんへ

もう朝から気温はぐんぐん上昇してて、
あったかい1日になりそうです。
固いつぼみだった健ゴロ地方の桜も、やっとお目覚めですよん^^

Mixとの比較の問題なんだけどね、柴っ子だって長生きできるよね??
うんうん、目指せご長寿犬。
健ゴロ家地方では、15歳で表彰されるとか聞いたことあるよ。
残念じゃ、悟郎の正確な年齢がわからんのが。
ま、表彰云々は置いといて、とにかくのんびりゆっくり生きてほしいよ。

セロリさんの晩年は幸せだったと思う。
ありがとね、miw@っち、セロリりんさんへの言葉を。
非公開コメント

最新記事
About 健斗

健斗の母

Author:健斗の母
2006年10月27日東洋の館という犬舎で生まれたボク。前十字靱帯断裂のケガを乗り越え、元気になりました。

ボクは、茨城県ひたちなか市在住です。論理的で何事にも慎重なおとーさんと、気は小さいくせに突拍子もないことをするおかーさんとの、楽しい三人暮らしだよ。

人見知りで引っ込み思案、ヘタレでビビりのボクだけど、怖さがピークに達すると、デビルに変身。両親の左手には、消えない傷が・・・
こんなボクの、変化に乏しいお気楽生活の記録です。

About 悟郎
About 悠斗(はると)

ボク、ハルトでちゅ。
2015年10月8日生まれでちゅ。
健にいちゃんと仲良く、元気に大きくなりまちゅ。
よろちくでちゅ。

M字倶楽部♪
入会しました!
健斗会員証
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード