FC2ブログ

父子 陶展!おめでとー!

昨日、おかーさんはボクを置いて一人でおでかけ。
おうちの中から見送るボク。おかーさん、どーしても行くのですね・・・
ボクを置いていくんだね
「その顔を見ると、後ろ髪を引かれる思いだわ・・・ 」(母)


で、おかーさんが行ったのは~、アカデミア・プラトニカです。

高校の先生をしていたおかーさんの、最後の卒業生、根本峻吾くんに会いに行ったの。
「根本くん、根本くんのお父様、父子陶展おめでとーございます 」(母)

アカデミア・プラトニカは、とっても素敵なギャラリーでした!
カフェにしたら絶対に流行る!
写しきれない素晴らしさ


根本くんと根本くんの最新作(左側)
立派になったね

根本くんの展示室。ファンも多い根本くんの作品たちです。
今回はポップなデザインのカップ類が目を引きました。
カップ類など小さな陶器

大きな作品もたくさん作っているそうです。
大きな作品

座り心地のいい陶のイス。「夏の庭で、これに座ってビール飲みたい 」(母)
庭に置きたい陶のイスです
「高校生の時から、少しもブレずに、一途に焼き物の道に精進した結果です。
すごくすごくうれしかったよ~~   呼んでくれてありがと
行ってよかった!もう少しねばって、来る予定のKくんにも会えば良かったかなぁ」(母)

こちらはお父様の作品です。もっとたくさんありました。全部紹介できずすみません。
014_convert_20100216143435[1] 016_convert_20100216143359[1]
015_convert_20100216143326[1] 013_convert_20100216143248[1]
011_convert_20100216143216[1] 012+(3)_convert_20100216143139[1]

このスペースは家族三人(ご両親と根本くん)の作品。
かわいいのから渋いのまで
お母様は、肉球模様やわんこ模様の、かわいい焼き物を焼いていました。
次は柴犬で焼いてくださいと頼んだんだって、おかーさん


「おとーさん、焼酎用カップを買ってきましたよん」(母)
ロック用カップ 5年前の作品
左が今回の作品で、右は卒業時に贈ってくれた左馬模様の作品。


ボクの鼻先と父子陶展のパンフレット。
自分の陶房は、大工修行もして、基礎からすべて手作りしたそうです



ボク、ランキングに参加しています。「健斗の出番、少なかったね 」(母)
久しぶりに会えた卒業生にコーフン気味のおかーさんに、ポチッとしてね。
      ↓
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

おまけ 根本くんへのお土産にしたシフォンケーキ
豆柴のひみこちゃん推奨のミニシフォンケーキです。ひみこちゃんはご近所さんで~す!
普通の住宅街の普通のおうちで、趣味で焼いているそうですが、今、ひたちなか市で評判なんですよ。売り切れのときが多いんです。
いろんな味があるの

ボクはもらえないらしいです。それなのに見せる両親って
拷問ですか・・・
「健斗、耐えることも犬生には必要だぞ」(父)
今日、おとーさんはノーマイカーデー&飲み会のためお弁当はお休みです。


テーマ : 柴犬   ジャンル : ペット

NoTitle

教え子の方の陶展に行ってらしたのですね~
それにしても高校生の頃からちゃんと自分の
やりたい事をやっていて今もずっと努力されてるの
すごいですね!
学生時代、ぼぉ~っと過ごしていた私… 尊敬します!!
この焼酎用カップはどちらも健斗母さんの宝物ですね♪
フフフ。美味しいお酒で気持ちよく酔えそう~(*^-^)

NoTitle

両親の背中を、見続けて来たのでしょうね!
両親と同じ道を歩む根本君、カッコいい~!v-407
これからも素敵な作品、見せてほしいですね!期待しています。

健斗君!耐えるトレーニング中なの?
これも両親の愛なのね!
頑張って!

NoTitle

お母さんを見送る健斗君寂しそうなお顔。
教え子の根本君、ブレずに一直線でここまで来たって素晴らしいですね。
健斗の母さんも感無量じゃないですか。
これからの根本君の活躍祈ってます。

健斗君の耐えるお顔に、萌えです。

NoTitle

教え子さんの活躍する姿・・・感激ですね!

NoTitle

シフォンケーキを目の前に健斗君、しかめっ面してる!(笑)
ミニシフォンケーキ、おみやげにちょうどいいですね。
教え子の活躍、うれしいですね。
卒業後も交流があるなんて、健斗君のお母さんは本当にいい先生だったんですね。

NoTitle

すばらしい作品ですね
土くれが愛情を持った手によって・作品として完成されていく・・その過程で・・外気温・・窯の状態・・製作者の心理状態・・いろいろな条件によってさまざまな作品となり・・それを見る人、使う人の心に映って多様な芸術となっていくのでしょうね
ご両親の背中と・・そして生き様を素直な心で受け取って成長された方の・・清らかな作品のように思います

そして・・根本さんの人生の中で最も多感であった高校生の時期に出会った先生の影響も・・作品の中に投影されてるのでは?と思います

NoTitle

こんにちは
すごい。
おかーさんの教え子根本君、すごいですね。
おかーさんもう、嬉しくて仕方ないでしょうね。
こんな素敵な作品を作れるなんって
本当にすごいことですね。
これからも、良い作品を作り続けてほしいです。

健斗くんの家の中から・・・
つい、連れて行きたくなっちゃうわぁ~

イジワル~

根本くんは陶芸家族なんですね。
工房まであるなんて素晴らしい!
納得いかないとガシャーンやるのって本当なのか聞きたい・・・(聞いてみて!)
ちなみにもじ太はどんなに油絵失敗してもキャンバスを引き裂くなんてありえないと言ってます。

シフォン見つめてる健斗くんのお顔が悩まし
くて可愛い~!!

NoTitle

陶芸の作品を見るのが 大好きなわたし・・
じっと 見入ってしまいました。
陶芸を一生のお仕事にされるなんて素敵ですね。
趣味として いつか 習ってみたいなぁと
才能無いことわかっていても あこがれています。
いい時間を過ごせて よかったですね。

「行かないで」の健斗くんのせつないお顔・・
なんだか 耐えることの多い日だったんだね。

NoTitle

高校生の頃から自分の進む道がはっきり
しているなんて立派ですよね。
そして今でもその道を歩んでいるなんて。
作品も素敵なものばかりですね。
教え子の成長はお母さんにとっても嬉しかった
ことでしょうね。

NoTitle

早くから自分の人生をしっかり見定めてまっすぐ生きている根本くん、素敵です!
ぬくもりの伝わってくる焼酎カップですね!

健斗君のまつ毛は白いんですね。10歳わんこと一緒です!
拷問の後は・・・いいことあったのかしら^^

NoTitle

陶芸一家の根本君の作品素敵ですね~!
陶器の椅子なんて本当におしゃれ~♪
根本君もご両親の作品も優しい感じですね!
教え子からのご招待なんて
健斗の母さんは良い先生だったんだなぁ~って
いつも思います!

シフォン見つめる健斗君イジラシイ~!
きっとお母さんが健斗君用を焼いてくれるよね☆

NoTitle

根本さん,すごいですね!
健斗の母さん,教え子さんのご活躍,嬉しいですよね☆
担任の先生のために私もなにかで活躍したいところですが・・・^^;

陶芸の作品,素敵ですね。
お上手です。
おめでとうございます♪

物作り!!

いいですね~、ものを作る。
日本人は、この物作りから始まったのです。
農耕民族ですから、仲間と共にその地に合ったものを
作って暮らしてきました。
その心を大切にして仕事に打ち込める若者、本当に素晴らしい!!
自分の手で、体で、そして頭で考えて作り上げる!!
そのような子供を育て上げた「先生」も、素晴らしい!!

素晴らしい!

作品もそうだけど、親子3人で陶芸家っていうのが
何か感動です。
親の事を尊敬できる子供っていいよな~ぁ。
それぞれに作風が少し違っていて誰が行っても気に入った
作品と出会えそうな工房ですね。
私はお母様の肉球の器とか興味津々。
ワンコ飼っていらっしゃるのかしら~??
シフォンケーキ、私ならやっちゃうかも~。
だってこんなお顔を見たら…(汗)。

よう

昨日お邪魔してコメントをと書きこみましたが
何故かどこかに飛んで行ってしまい・・・(涙)

更新されていましたらと思いながら、今お邪魔
しましたらどうにか間に合いました。
陶器を見ますのが大好きなので、真剣に
見入っていました。

健斗君母さんご自慢の教え子さんですね!
素晴らしい教え子さんの姿をこうして紹介
出来る事は教師冥利ではないでしょうか!

一つの道にひたむきに進む姿は年齢に関係なく
人を感動させますね!

NoTitle

↑のTitle おはようございます。と書き込みましたが又も「よう」のみで大変失礼しました。

ナナコママさんへ

心が決まっているというのは、強いモノなんですよ。
彼は全然周囲に左右されないところがありましたから。
泰然自若というか、どっしり構えてる感じがしていました。
今後の活躍もとても楽しみです。
笠間焼きで有名な笠間のお店でも、人気作家さんらしいです。
今度行ってみようっと^^

もらった左馬の湯飲みは、もったいなくて使ってないの。
彼のお父さんにも1個いただいたのがあるのですが、
それもまだしっかり木箱に入っています。使えぬのじゃ^^;
今回、買ったモノはその日から使い始めましたよん!

さくらママさんへ

根本くんのお父さんの作品は、とっても繊細な印象があります。
お母さんは優しくてかわいい作品。
根本くんは、大胆な印象を受けるのですが、私の独りよがりかも^^;
今回の父子陶展、お父さんはめちゃくちゃうれしかったでしょうねぇ。
自慢の息子に育ってくれたと思いますよ。

耐える訓練は、イジメに近かったかもしれません。
動物虐待で訴えられないといいのですが。(大汗)

nonkimamaさんへ

健斗ったら、私が出かける時は、いっつもあんな顔なの。
せつなくなりますよぉ。
でも鳴きもせず、イタズラもせず、ひたすら待っててくれます。
あ、寝てるだけですけどね。

根本くんはもうずっと前から決めていたみたいで、
高校も、一応の通過点でしかなかったから。
ブレない強さは、本人の資質と家庭環境のゆえだと思います。
これからも応援するぞぉ~~。

健斗くん、耐えました。絶対に勝手には食べません。
お利口になったなぁって、思います。←バカっぷり発揮中

アンクルンさんへ

実は何度も泣きそうになっちゃいました。
本当に、うれしいですねぇ。
って、私が何かやったわけでもなんでもなく、
彼はちゃんと自立してましたからね、学生の頃から。
ちゃんとした大きな目標がある子は、強いですよ。
でも、ただならぬ努力も、あったはず・・・感動です。

ひみママさんへ

シフォンケーキ、いろんなお味があって楽しいし、
何よりもう味わったことの無いほどのふわふわ感。
絶対喜ばれますよね~~^^/

卒業して数年たってから会うのって、めっちゃ照れくさい。
しかも私は現役を退いてしまったからよけいに・・・
でもうれしかったですね。
活躍していることはもちろん、そこに至るまでの努力を思うと、
胸が熱くなる思いがしました。

レモママさんへ

根本くんの作品は、大胆さがあり、奔放な中に洗練された印象があります。
なんて、私の勝手な感じ方ですが、お父さんの作品とも、
明らかに違うのですよ。
独創性があるの。マネッこじゃないところ、すごいです。
どうしてもお父さんの影響って強いはずだから。
そしてお父さんは息子の作品を、とても誇りにしていました。
うらやましい限りでしたよ。父子で陶展なんてうれしいでしょうねぇ。

高校なんてほんの3年間、しかも彼は単なる通過点と考えてたから、
確固とした自分があって、教員の力なんて関係なしです。
学校にいる間は、もう少し授業にもノッてよって思うときもありましたが、
そんなこと、生きていく上では意味のないことだと、
今は心底そう思います。
強い子です。これからもがんばってくれるでしょう。

nao!さんへ

根本くんは、高校生の頃から笠間の陶芸美術館で展示されたり、
大きな賞を取ったりと、その才能を開花させていました。
今も、ファンがいて、売れっ子のようです。
お父さんが自慢げに話してくれました。お父さんもうれしいでしょうね!
私、なんだか妙に感激して、泣きそうになりながら見てきました。
こんな風に成功する姿を見られて感動です。

やばいッ!健斗くん、誘拐されちゃう!
いっつも私が不在の時は、こんな風に外を見ているらしいから。
これからはシャッター、閉めて出かけるようかしらん^^;

もじ子さんへ

ガシャーン!やってるか聞いてみる!
あー、聞けば良かったなぁ、先日行ったとき。
でも、そんなことこれっぽっちも頭に浮かばなかった^^;

根本くんちには、お父さんの陶房も別にあるんです。
すごいよね、自分の陶房もあって、しかもそれを自分で建てたなんて。
それにたくさん説明してくれて、雄弁だったのよ。
こんなバイタリティあるヤツだったっけ??ってびっくりしちゃった。
学校にいたときの顔は、ちょっと軟弱で自信なげに見えたんだけど。
社会の持つ教育力には、いつもいつも感嘆させられます。

ぐふふ、健斗くんの耐える訓練は、ほとんどイジメですよね~。
ばれちゃいましたね~、もじ子さんには^^;

めぐママさんへ

根本くんには、天賦の才能があったのでしょうか。
遺伝とかそういうのもあるかもしれません。
でも、お父さんの作品とはかなり違うように思えます。
自分なりの世界を作り上げたのだと思います。
たいしたもんですよね~。
高校生の時にはすでに、大きな賞を取ってたんだもん。
知り合いだってことだけでも感激モノですよ。
いつか庭をきれいにしたら、陶器のイス、買いたいなぁ。

いつもは仏頂面の健斗なのに、あんなにせつない顔で見られたら、
どこにも行けなくなるぅ・・・困ったよぉ。

ちいちゃんママさんへ

根本くんは高校生のときに、もうかなりの力を持っていて、
陶芸の世界では有名な若者でした。
そういう才能を持つ生徒に、たまたま教員という立場で出会っただけです。
ありがたいことです。彼を知っているということ。
これからも活躍することを、心から応援したいです。

彼のように成功する子ばかりではなく、この時代、
頑張り切れてない子も多くいますよね。
がんばれって口で言うのははなはだ簡単で、
たやすくはない時代に生きる子たち全員を、
何の役にも立てないけれど応援し続けたいです。

しば吉ママさんへ

根本くんは高校に入学した当時から、もう確固たる信念を持っていたので、
周囲に惑わされることなく、自分らしく過ごしていたと思います。
そういう意味では、家庭環境も恵まれていたのですよね。
高三の終わりには、大きな賞も取っていましたから。
早くから才能を開花させることができたこと、よかった!

健斗さんは拷問のあと、底の紙にくっついていたケーキの残骸を、
夢中で舐めていました。
気の毒になるくらい必死になって。泣ける行動です。トホホ

のーしんさんへ

根本くんの作品は、お父さんやお母さんの作品とも違って、
大胆さを持っている印象を受けました。
お父さんのは繊細な感じのものが多いような・・・
って、全然わかんないくせに、いっちょまえなことを言ってしまった。
根本くん、高校は一応行くというだけで、もう陶芸の道を歩むことは決まってたから、
教員の影響なんてこれっぽっちも受けてないんですよぉ。
いつもひょうひょうとしてましたからね~。

このシフォンケーキ、甘さがかなり控えてあるんです。
いろんな種類があって、たとえばカボチャとかだったら、
自然の甘さで砂糖とかほとんど使わないんじゃないかな??
ってことで、健斗も食べられそうなものがあったら買ってみるねん^^

どんぐりさんへ

先生だったことを、とてもうれしく思いました。
でもね、根本くんのように活躍していなくても、
普通に元気に働いているってことだけで、先生はうれしい。
たとえば、今、働けてなくて、すごくあがいている子も、
心から応援するよ。
がんばれって言うほどたやすい時代じゃないのは百も承知。
それでもがんばって欲しいって思ってる。
学校という場で偶然に出会って、短い時間だけど一緒に生きた子たち全員が、
どうかそれぞれの人生を、それぞれの生き方で歩いて行けますように。
そういつも思っています。
根本くんのように大成功を収める人の方が、絶対的に少ないからね~^^

しんちゃんさんへ

根本くんは陶芸家の両親の元、その才能を早くから開花させていました。
今の作風は、いつ頃からなのかわかりませんが、
お父さんともお母さんとも違う印象を受けました。
でも、3人の作品が並んでいると、違和感もないの。
不思議だなぁって思いましたよ。
私はたまたま、教員で、根本くんがたまたま入学してきて、
ってただそれだけですから。
何もしてあげなかったですよ。彼は精神的に自立してましたからね。
知り合いだということだけで、とてもうれしく思います。
展覧会があるごとに、一つずつ作品を購入しようと決めました。
いつか大物作品も、買えたらいいなぁ。けっこうお高いのよ^^;

Michyさんへ

作風はかなり違っていましたね~。
ギャラリーには3つのスペースがあって、お父さんのスペースは、
本当に繊細な、上品な陶器の数々が置いてありました。
根本くんの展示室は、若々しく生き生きしたイメージが強くて、
大胆さを感じさせる作品だと思ったの。
そんな風に違うはずなんだけど、3人の作品の並ぶ真ん中のスペースは、
それらの作品たちが、まったく違和感なく並んでいて、
そういうことにも感激しましたよ。
お母さんの作るお皿には、わんにゃん共に描かれてました。
わんこは耳の垂れたMix系のわんこでしたよん^^
わんこのご飯ボールをお願いするってのもいいかもね~。
そのうち聞いてみよっと。注文もOKかどうか。1個じゃダメかな~??

このシフォンケーキなら、わんこも大丈夫な気がします。
たとえばニンジンとかカボチャとかだったらいいと思いませんか??
ものすごい種類があるの。でも何があるかはその日によっていろいろ。
あ、それとね、これ卵にこだわってるんですよ。
養鶏場の娘さんなの、これを作ってる方が。
Michyさんや、たろー母さんのブログを見て、
おいしい卵を買いに行きたくなっちゃったよ。
で、健斗父に卵かけごはん、食べさせたくなっちゃった^^

たろーくんのお母さんへ

Yo!ではなかったのですね~~^^ うふふ

それにしても昨夜のコメントはどこへ飛んでしまったのでしょうか。
そういうこと、FC2ではたまにあるんです・・・
何度もありがとうございます。

根本くんは、高校入学時にはもう陶芸の道に進むことが決まっていました。
だから高校は通過点に過ぎず、ちょっぴり引いて学校生活を送っていたように思います。
そういう意味では少し物足りない気もしていた教員でした。
でも、今、陶展を開催しそれに呼んでもらえたことを、
感激というより、むしろ感謝しています。
長い人生の中で、わずか3年。
何もたいしたことは教えてあげられなかった・・・自責の念にかられます。

高校三年時には、アマチュア陶芸大賞を取って、
笠間市にある陶芸美術館で展示された経歴の持ち主です。
假屋崎省吾氏の生け花に、花器を使われたこともあるんですよ~~。
これからもいっそうの活躍を願ってやみません。
いつか大きな作品も買えたらいいなぁ。
ムリでしょうね~、けっこうお高かったですもの~~^^;
非公開コメント

最新記事
About 健斗

健斗の母

Author:健斗の母
2006年10月27日東洋の館という犬舎で生まれたボク。前十字靱帯断裂のケガを乗り越え、元気になりました。

ボクは、茨城県ひたちなか市在住です。論理的で何事にも慎重なおとーさんと、気は小さいくせに突拍子もないことをするおかーさんとの、楽しい三人暮らしだよ。

人見知りで引っ込み思案、ヘタレでビビりのボクだけど、怖さがピークに達すると、デビルに変身。両親の左手には、消えない傷が・・・
こんなボクの、変化に乏しいお気楽生活の記録です。

About 悟郎
About 悠斗(はると)

ボク、ハルトでちゅ。
2015年10月8日生まれでちゅ。
健にいちゃんと仲良く、元気に大きくなりまちゅ。
よろちくでちゅ。

M字倶楽部♪
入会しました!
健斗会員証
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード