ボクんちにできること

こんにちは。
ボクんち地方は、晴天。被災の痕跡はあるものの、日常を取り戻しています。

おかーさんの教え子どるママさんが、ボクんちに支援物資を送ってくれたクロネコの箱に、今、家にある即席麺などを詰めました。これと、おとーさんの実家からもらったお米を精米して、市役所に持っていきます。
家にあったのモノ
「市内放送では、食料品を石巻市に送ると言っていました。miw@さんが送ってくれたお水も持っていきますね。今、本当に必要な所へ届いて欲しいから。」(母)


それから、ご近所の、わんこと暮らすおうちを回って、署名を集めました。
避難所で愛犬と離ればなれにならずに済むように、という署名です。
実現はなかなか難しいとは思います。人間最優先だものね。
それでも、やるだけやりましょっ!
集めました
『ポチタマ』でおなじみの松本くんの呼びかけです。


そしてボクんちの節電。ファンヒーターのコンセントを抜きました。
停電のときに持ち出した石油ストーブを使っています。
ボクはゴキゲン
2000年問題のときに買ったストーブです。
「震災の夜、このストーブが暖かさと灯りをくれました。」(母)


おかーさんの心配するボクの変化。
ボクは昨日、今までやったことのない、しっぽカミカミをしました。
ぐるぐるぐるぐる
「健斗もストレスをためてるのかもしれません。」(父)


でも、がんばっぺ!東北。
ボクは今、家族と一緒にいられるだけで、幸せだと思わなくちゃね。
おとーさん・・・

テーマ : 柴犬   ジャンル : ペット

NoTitle

松本くんのブログ、読みました。
犬や猫は家族です。
こういう災害が起こる度に、もしも避難指示が出たら…と考えます。
しかし、今は避難所の外の遊具等につながれている犬もいるそうですね。
でも、なんだか鳴き声などで摩擦が起きているそうです。
署名活動で住民の理解を得ることは大切ですよね。

せっかく訪問して下さるのに、更新してなくて…(汗)
昨日写真はいっぱい撮ったので、近々更新します★

真の助け合い!

すごいぞひたちなか市!
すごいぞ、健斗家!
自ら被災地域でありながら、もっと辛い地域へ…という
思い、私たちこそ見習わなくちゃって思いました。
同じ被災者だからわかる痛みもあるのでしょうね。
避難所でのペットのこと…実は今回の震災が起こる前の
防災研修で参加者の方々と議論したばかりでした。
実際の避難所の話を聞いた後だったので…
先ず同じ避難所では無理かもって思います。
先日新聞で避難所の中の別の建物をペット専用にしてくれて
いる所があることを読みました。
余裕のある避難所ではそういうことも可能ですね。
アメリカで台風カトリーナ(だっけ?)が襲ったとき、
ペットを置いていけないからと避難を拒否した住民が多く、
人命救助のためにもペットの扱いを考えないといけないって
アメリカは考えていると何かで読みました。
上手くバランスが取れる解決方法が見つかることを望みます。

NoTitle

すごいね、健ちゃん家。
みんな優しいね。

私もやってますよ、この署名運動。
海外在住日本人の名前でも大丈夫かなって
思いつつ、お客様にお願いしてます
非常事態だからこそ動物のぬくもりが大事なはずだし
動物を手放す事で
さらに心に傷を負って欲しくないです

健ちゃん一家、がんばっぺよ!
おれもがんばっから!

NoTitle

ペット問題は、何時まで経っても解決されないですね!
阪神の時もそうだった…その後も、災害が有る度
問題に成る。
確かに犬猫が嫌いな人も多いのも事実…。
今回の震災でも、犬がいたから助かった、一人だったら凍死していた!ってよく聞きます。
みんな家族なのに・・・
良い解決方法が見つかるといいですね。

健斗君もストレス溜まるよね!
お母さんを支えてくれたんだものね!
有難う健斗くん!
安心して、のびのび散歩ができる日が早く来るよう、みんなで頑張ろうね!

NoTitle

健斗君母さんこんにちは!
茨城県の被害も多大でしたのに健斗君
お母さん荷物いっぱい詰め込んで石巻に
救援物資を送られるその姿に感動!
さすが健斗君おかあさんと納得しています。

避難所で動物と一緒には我々のような犬猫
大好きな者からは考えられないほど
動物嫌いの方からするとストレスのようで・・・

実際遊具等に繋いでいるワンちゃんの鳴き声
がうるさいとトラブル発生したりとこの問題は
非常に難しいようですね!
避難所生活のストレスからお気持も穏やかでは
いられないところに嫌いな犬・猫の鳴き声で
ストレス倍増という事もあるようで・・・
妙案があると宜しいのですが!

NoTitle

屋根の修理終わって良かったですね。

健斗くんのお家も大変だったのに、
被災された方に物資を提供される健斗くん一家は優しくたくましい!

健斗くんの尻尾かみかみ、
むぎはパピーの頃から結構やるのだけど、
ストレスが溜まっているのかな・・・?

NoTitle

スゴイです!
ご自分も被災地域で大変なのに。
本当に必要な場所へ、本当に必要な人達へ、
今、日本中人に考えて欲しいことですよね。
私は関東圏で被害の少なかった地域ですが、
物資は不足ぎみです。買占めしたりする人がいるから・・・


凹んでいた健斗母さんが、お元気になられ、
また活動し始めていることは
私達にも元気を与えてくれます。
無理なさらないように、頑張ってくださいね。

NoTitle

遠く離れた山陰地方でも、ペットボトルの水がありません。
よく見ると、スーパーに販売制限の紙が貼ってありました。
どうも関東地方に住む家族・知人から送ってくれと頼まれた人がたくさんいるようです。
我が家地方、市の支援物資受け付けは終了したので、今後はできる限り寄付金という形で支援したいと思います。

避難所でのペットの問題は、なかなか解決できないですね。
災害時、ペットを安心して預けられる環境、ペットと一緒に避難できる環境が整備されるためなら、ペット税を徴収されても文句ありません。

しっぽカミカミ(我が家ではしっぽ取りと呼びます)、しば吉は1歳ころまでは毎晩寝る前にしてました。あれを始めると眠くなったサインでした。
健斗くんも、お疲れなんでしょう。
おとーさんにくっつく姿、かなり萌v-10です。

NoTitle

健斗母!凄い!!
健斗母さんちも相当のダメージを受けて見えたのに
それを援助物資として送られるなんて!
そしてひたちなか市のやる事も素晴らしいです!
そういう心がもっともっと広がって買占めや火事場泥棒みたいな行いがなくなる事を願っています。

健斗くんもストレスかなぁ。
余震が続くとどこかに不安やストレスがたまってるんでしょうね。
地震が治まるのを祈るばかりです。

NoTitle

健斗ママさん、、、自分達が大変な時にスゴイです。
本来なら私たちがもっともっとしなくちゃいけないのに!
健斗ママさんを見習って私ももっとがんばらなくっちゃ!

余震が続いていますが、気をつけてくださいね!

NoTitle

ダンボール役にたてたかな。良かった。
ひたちなか市や先生のうちも、被災地域なのに凄い。
余震も健斗君、ストレスですよね。どるもブルブル。
いつまで、続くのかな・・・?もう、たくさん。

避難所では、ほとんどペットNGですよね。
飼ってる人には、家族なんだけど・・・悲しい現状。

そう、ベッキーちゃんが、動物用支援物資、ダンボール100個分、重さにすると3~4トン、集ったそうですよ。 嬉しい事ですよね。

NoTitle

お母さん、本当にすごいです。
ご自分も被災されているのに、物資を送るなんて。
私も少ないですが寄付という形で被災地の方々に
役に立てたらと行動しています。
本当に微々たるものなのですが。

今朝、テレビで、ペットのワンコと一緒に避難所に
いたら、「犬は嫌いなんだ!」と周りの人に言われ、
ストレスになるので、と半壊した自宅に帰って
生活されている人を見ました。
避難所ではないので物資も来ないし、とても大変そうでした。
人間が優先なのもわかりますが、ペットは家族だもの。
とても悲しい気持ちになりました。

コメントをありがとうございました!

昨日、ひたちなか市役所の支援物資受付窓口は、
支援物資を持ち込む市民であふれていました。

お米を抱えてくる人、インスタント麺の箱を持つ少年、
干し芋もかなりの量を送ったそうです。

ひたちなか市も、特に海沿いでは、魚市場が壊滅し、
本当に大きな被害を受けました。
つい先日まで、給水の行列に並んでいた市民が、
こうして支援物資を持ち寄れることに、
復旧の幸せを感じると共に、
捨てたモンじゃないぞ、ひたちなか市民!という思いで、
泣き虫の私はもうグジュグジュです。

この支援が一過性のものではなく、
細く長く続けていけるように、心に誓いたいです。

茨城県内、まだ至る所に避難所があり、
県庁所在地の水戸でも、自宅からどんどん離れて移動し、
統合された避難所で過ごす人もいます。
避難生活2週間を過ぎてボランティアさんが減り、
見捨てられたような気持ちを味わっている人々もいるそうです。
そのような避難所の情報は伝わることが少なく、
心配するばかりですが、どうか行政が充分に機能して、
忘れ去られた避難所など、絶対になくなりますように。
そして自宅で過ごす被災者のみなさんにも、
どうか救援物資が届いてくれますように。
もどかしい思いをどうすることもできませんが、
心から願っています。
非公開コメント

最新記事
About 健斗

健斗の母

Author:健斗の母
2006年10月27日東洋の館という犬舎で生まれたボク。前十字靱帯断裂のケガを乗り越え、元気になりました。

ボクは、茨城県ひたちなか市在住です。論理的で何事にも慎重なおとーさんと、気は小さいくせに突拍子もないことをするおかーさんとの、楽しい三人暮らしだよ。

人見知りで引っ込み思案、ヘタレでビビりのボクだけど、怖さがピークに達すると、デビルに変身。両親の左手には、消えない傷が・・・
こんなボクの、変化に乏しいお気楽生活の記録です。

About 悟郎
About 悠斗(はると)

ボク、ハルトでちゅ。
2015年10月8日生まれでちゅ。
健にいちゃんと仲良く、元気に大きくなりまちゅ。
よろちくでちゅ。

M字倶楽部♪
入会しました!
健斗会員証
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード