津波に襲われた町

こんにちは~。昨日、ボクたち一家は、大洗に行きました。
第一目的は、大洗町商工祭でガラポンを引くこと。
すごい人出でしたよ~。
ボクは待避しています
おとーさんが、このガラポン行列のどこかにいます

ボクはおかーさんの足元で座って待っていたんだけど、
おとなしく待ってるボクです
一見、お利口そーに見えることと、空前の柴犬ブーム(そうか?)だからかなぁ、
ボクをなでようとする子どもやおばさんが多くてね、
なんか、ぐったりになっちゃったんだよ。
「おかーさんも、気が休まることがなかったわぁ 」(母)

こんな着ぐるみがいたけれど、興味な~し!
なんか変なヤツ!

あ、もちろんガラポンはハズレでしたよん


そしてここでもB級グルメ、やってました。
おとーさんは、しろもつ鍋なるものを買って食べました。
おいしそうだったよぉ。
立って食べるのが大嫌いなおかーさん、撤収したがってましたね~。
立って飲むのは好きなのにね
「うんッ!立ち飲み屋さん、大好き! 」(母)


それから、大洗リゾートアウトレットに行きました。
一球くんと行った海辺のカフェテラスは、影も形もなくなっていました
全部津波で持ってかれちゃったんだね。
その後、もう作らなかったようです。

お買い物をするおとーさんを待つボク。
お店の外で伏せしていました
「抱っこ入店可、なんですけど~、3分もちましぇ~ん 」(母)


でね、震災当日とその後の大洗町の写真展をやってたんだ。ペットOKでした。
今見ても呆然とするばかりです

撮影NGって書いてなかったんだよ
「自分でもびっくりしたのですが、突然モーレツに胸にこみ上げるモノがあり、
涙があふれそうになってしまって、早々に退室してしまいました。
心の奥はまだ癒えてないのかな・・・」(母)

でも、震災から8ヶ月を迎える大洗町は、がんばって日常を取り戻していました。


おまけ その1 「miw@さんにもらった鎌倉地ビールを飲みました~。」(父母)
もちろん3本とも飲み切っちゃいましたって。
ハロウィンパスタで作ったグラタンに近づく怪しい鼻っつら有り。


おまけ その2 おかーさんに悲鳴を上げさせたボク。
フワフワであったかいよ
「キャーッ!健斗ッ!編みかけのニットの上にのらないでーッ!」(母)
ぐふふ、もちろん寝る前の儀式、『ぐるぐる』も、ちゃんとやっちゃったもんね

テーマ : 柴犬   ジャンル : ペット

NoTitle

昨日は家族揃ってのお出かけだったんですね。
ガラポン、すごい行列ですね~。
お父さんがひくまで、相当時間がかかったのでは?
健斗君はお利口に待ってますね。
人が多いところにワンコを連れて行くと、すっごく
声をかけられますよね~。
それは嬉しいのだけど、許可もなく急に手を出して
くる人なんかがいて、ドキドキしちゃいますよね。

大洗町。あれだけの被害を受けながら、みなさん
頑張って日常を取り戻しているんですね。
でもまだまだ色んな問題があるのでしょうね。
私達は忘れてはいけませんよね。
時間の経過とともに、どうしても関心が薄れてしまいがち
ですからね~。

健斗君、お母さんの悲鳴がおばちゃんにまで
聞こえてきたぞ~。
寝心地のいい物をよく知っていますよね~。

NoTitle

わぁ。残念。
長蛇の列に並んだのに、ガラポンははずれでしたか・・・。
一等賞の当りは何かしら?
我が家も・・・クジ関係はあたったためしがありません。
貧乏クジは、たまに引き当てますけどねぇ(苦笑)
今年の役員理事(通常の理事会に加えて大規模修繕委員会も強制参加)は、まさに貧乏クジ!

大洗町。元気になりましたね。
もうすっかり震災や津波爪あとは感じられないんだ。
一見元気なようでも、
心の修復は建物の修復のようにそうは簡単にいかない。
母さん。あの日を思い出しちゃったんだ。
忘れようにも忘れられない震災の記憶は心のポケットに入り込んだだけで、すぐに出てきちゃうね。
辛いこともあるけど、忘れてはいけないこともあるね。
原発の怖さはこれから先ずっと、未来に伝えていかなくちゃいけないって思う。

ささっ。気分を変えて楽しいことを考えましょう♪
お泊り旅行。すっごい楽しみにしています。
お邪魔にならない程度にお邪魔しま~す!

NoTitle

大洗町商工祭、すごい 人出ですね~
こんなに長い列に並んだのに ハズレだなんて
おとーさん、お気の毒でしたね。

ふふ、愛嬌を振りまいてくれている気ぐるみさんに
プイッの健斗くんと
「立って 飲むのは好きなのにね」に 笑っちゃいましたよ~

写真展、思い出して つらくなってしまったんですね。
渦を巻いている波の写真を見ただけで 
当時見たニュース映像が よみがえってきて
遠くに住んでいるわたしでさえ また 胸が痛くなってしまいました。

編みかけのニット、なんでしょう?
やっぱり 健斗くんのものかなぁ?

まだまだだろうけど…

一歩ずつ前に進んで行くしかないんだよね、被災地は。
こうやってイベントをやって人が集まってくれることが一番の励ましになるかな?
ガラポンは残念だったけど、大洗が立ち直って行く様子を
実際に見ておくのは貴重な経験だと思う。
いつか「あんなこともあったのに、いい町になったねぇ」って
笑いながら話せる日がくるよ。
それにしても、着ぐるみさんが手を振ってくれているのに、
ぷいっと横を向いている健斗君、いい味だしてる~♪
「そんな子供騙し…」って思ったかな?
写真展は母さんには辛かったでしょう。そう感じる人は
多いと思う。
まだまだ“過去の出来事”にはなっていないもんね。
いつか教訓として冷静に見られる日がくると思います。
そして…あはは。健斗君、そのニット気に入ったんじゃない?
お揃いで編んであげれば~??

NoTitle

被災地が元気になっていく姿は
遠くから応援するしかできないわたしたちにも
とても嬉しいものです。
だけど写真展は辛かったね。
わたしも思わずあの渦をみて
「何・・・」って絶句。
忘れてはいけないけど思い出しても平気になるには
まだまだ時間が足りないよね。
先日避難訓練で起震車体験を見たのだけど
実際はもっと長い揺れだったはず。
それを経験した健斗くんと母さん。
ゆっくりゆっくり癒していこうね。

あのね、また母さんに会えるんだよ。
健斗くんにも!

少しずつ前に!

大洗の食事したことが、ついこの前のように思い出します。
たぶん私がその写真展見ても同様な気持ちになるでしょう。
昨日今日と震度4程度の余震です。
ゆっくり焦らずに行きましょう!
怪しい鼻っつら君のためにも笑顔で顔晴りましょう!!
(スポーツ界では、顔を晴れやかにすれば、緊張ほぐれるそうです。)

NoTitle

健斗君母さんおはようございます。
昨日は1日留守をしてブログ訪問もせず
バタンキューでした。
震災当日とその後の大洗の写真を凝視
出来ないのは当たり前ですが・・・
建物の復興は進んでも心の傷が癒えるのには
長い時間がかかりますね!
しかしいつまでも後ろを見ていては進みません
逞しい人間の力で復興される街並みを見ると
勇気も生まれるはずですね!

健斗君も穏やかなワンちゃんで大勢の方に
撫でられても大人しく~♡
立ち食いは苦手でも立ち飲みOKの健斗君
お母さんに爆笑!

ちいちゃんママさんへ

ガラポン行列は、まだ始まる前だったので、長蛇の列ですが、
抽選が始まったらあっという間に進んで、
あっけなく撃沈して戻ってきた健斗父です。

健斗はフレンドリーな子ではないので、
本当に気が気じゃありません。
そんな思いをしてまで、わんこOKのところには、
一緒に行きたい飼い主心、困ったモンです^^;

大洗の町は、ひょっとしたら目に入らない場所で、
いろいろな苦労があるのかもしれません。
私なんて、被災者とは名ばかりだと思うのに、
写真を見てこみ上げる思いを抑えられませんでした。
東北の人たちの、いまだ避難所や仮設での生活の人たちの、
心の闇の深さを思うと苦しくなります。

健斗くん、上に乗るだけならまだいいんですが、
ぐるぐるはやめてほしかったわぁ。トホホ

miw@さんへ

1等賞はなんだっけかなぁ??
最初から当たる気はまったくないので、
チェックしませんでしたぁ^^;
ちなみにハズレは、エコバッグでしたよん。
それなりでよかったわぁ。

写真は今までだってたくさん見てたのに、
本当に思いもかけない心の動きに、
自分がいちばん驚きました。
ぐーって、胸の奥から悲しみが湧き起こって来ちゃったの。
福島原発はまだまだ危うい状態にあって、
東海原発も、30キロ圏内のものすごい数の住民の、
避難を想定しなくちゃいけないという現実に直面しています。
健斗家、本当に怖い。
原発はやっぱりリスクが高すぎると思うんだ。
雇用問題とか、大きな試練はあるけれど、
脱原発を掲げていくべきじゃないかと思う今日この頃です。

めぐままさんへ

大洗町商工祭は、大盛況でした。
たくさん屋台も出ていたし、とにかくみなさん楽しげで、
楽しくなかったのは、我が家のお坊ちゃんくらいですね^^;
わんことの遭遇も、お子様とのニアミスも、
もうハラハラドキドキでした。
やっぱりお友だちとのお出かけとは、違うからねぇ。

津波の被害が大きかった大洗町ですが、
表面上はとても元気に見えました。
それなのに、すごく悲しみがよみがえってしまって、
感情を抑えるのがたいへんでした。
みんな心の中に本当はまだ爆弾を抱えてますよ。
それでも進まなくちゃならないし、生活していかなくちゃならないの。
そんなことを改めて考えさせられました。

ニットはね~、種明かししたよ~ん^^
で、この毛糸、すごく編みづらくて、
一度針から外れると、目を拾うのが本当に大変で、
苦労しながら編んでいますぅ。

Michyさんへ

すべてを完全に取り戻すには、まだまだ時間が必要です。
商工祭の人出やにぎわいを見ながらも、
みんな心の中は、まだモヤモヤしたものがあるんだろなぁって、
すごく思っちゃった。
大洗は茨城県内でも、県北地域に次いで被害が大きかったから。
無くなった人こそ、多くはなかったけれど、
津波は本当に怖いと思ったよ。

健斗は楽しくなかったろうなぁ、商工祭。あはは

たぶん毛糸は2玉弱余ると思うので、
何か編んでやろっと思っているのだぁ。
覚悟しておけよ、健斗。いひひひ

はなママさんへ

何度も見た写真だったし、
そんな苦しい思いがこみ上げるとは予想もせず。
びっくりしちゃった。
いったい心のどこに、こんな感情がくすぶってたんだろって。
まだまだ時間はかかりそうです、気持ちの上ではね。

嬉しい連絡ありがとね~~~!
健斗は本当に愛想のかけらもない子ですけど、
会ってやってくださいね。
前日、念入りにシャンプーだぞ、健斗ッ!^^

しんちゃんさんへ

小春日和の海辺のカフェで、ランチをしたのは、
わずか1年足らず前のことですよね~。
あの気持ちの良かったテラスは、
ただのコンクリートの空き地になっていました。
最初は、あれれ?どこにあったんだっけ??って、
探しちゃいましたよ。
なんだか、とても悲しかったです。
で、そのあとだったからかなぁ、
こみ上げる思いに、自分でびっくりしちゃいました。
少しずつ少しずつ、町も心も元に近づけたらいいですね。
ピントがずれてる怪しい鼻っ面、かわいいでしょ~^^

たろーくんのお母さんへ

震災当日、大洗は津波にのみ込まれてしまい、
町役場も市場も、ランチをしたカフェテラスも、
流されてしまいました。
情報としては知っていたし、写真も見たことのあるものだったのに、
思いも寄らない感情があふれて、びっくりしてしまいました。
振り返ってメソメソしていても、何も良くなりませんよね。
町が元気に復興しているのですから、
隣町の私も、できることをお手伝いして、
前に進まなくちゃなりませんよね!^^

あの~、たろくんお母さん・・・
健斗は、だれにも触ってもらっていません・・・
私が、「噛みますよ」と言って避けさせてました。
絶対ガルルル言いますし、万が一、本当に噛んだら、
とんでもないことになるので、
先手を打って、逃げてました。
たろくんお母さんにも、撫でてもらえないかもぉ。トホホ
非公開コメント

最新記事
About 健斗

健斗の母

Author:健斗の母
2006年10月27日東洋の館という犬舎で生まれたボク。前十字靱帯断裂のケガを乗り越え、元気になりました。

ボクは、茨城県ひたちなか市在住です。論理的で何事にも慎重なおとーさんと、気は小さいくせに突拍子もないことをするおかーさんとの、楽しい三人暮らしだよ。

人見知りで引っ込み思案、ヘタレでビビりのボクだけど、怖さがピークに達すると、デビルに変身。両親の左手には、消えない傷が・・・
こんなボクの、変化に乏しいお気楽生活の記録です。

About 悟郎
About 悠斗(はると)

ボク、ハルトでちゅ。
2015年10月8日生まれでちゅ。
健にいちゃんと仲良く、元気に大きくなりまちゅ。
よろちくでちゅ。

M字倶楽部♪
入会しました!
健斗会員証
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード